オリゴ糖は乳酸菌の働きを活発にするためのエサ

オリゴ糖は乳酸菌の働きを活発にするためのエサ

オリゴ糖がお腹の健康の為に良いと言うのは今や常識です。しかし、オリゴ糖がどのような働きをすることによってお腹の健康に貢献しているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

 

オリゴ糖は、単純に言えば糖分の一種で、それだけでは真価を発揮することはできません。いくら身体にいいからと言っても、取りすぎはカロリー過多に繋がります。
オリゴ糖が真価を発揮するのは、乳酸菌と巡り会った時です。オリゴ糖は乳酸菌の働きを活発にするためのエサなのです。乳酸菌はご存知の通り、腸内環境を改善する善玉菌ですから、乳酸菌の働きを助ける事がオリゴ糖の真骨頂なのです。

 

乳酸菌との相性が大切

 

しかし、乳酸菌は実は数千種類あると言われており、その中で人体にいい影響を与えるものだけでも数えきれない程あるのです。
それぞれの乳酸菌には得意分野があり、腸やアレルギーなどいろいろな効果が別々の乳酸菌にはあります。そして、オリゴ糖ももちろん一種類だけではありません。
乳酸菌飲料やヨーグルトなど、自分が選んで摂取しているものとどのオリゴ糖が相性がいいのかを見つけだす事で、それぞれの力が倍増するのです。

 

複数のオリゴ糖摂取で即効性

 

乳酸菌もオリゴ糖も積極的に採っているのに、思ったような効果が出ないと思っている場合、自分が改善したいと思う症状に適した乳酸菌、そしてその乳酸菌が好むオリゴ糖、これらの関係がうまく噛み合っていないのかもしれません。

 

オリゴ糖製品の中にも、一種類ではなく数種類のオリゴ糖を配合したものがあります。オリゴ糖の種類が多いほど高価になる傾向はありますが、乳酸菌入り食品、また元々自分の腸内にいる乳酸菌と相性のいいものが高確率で巡り会う事になります。

 

即効性を期待するのであれば、複数のオリゴ糖を配合したサプリメントを摂取することは、非常に効果的です。

 

日常的に継続できるものと即効性のあるものを組み合わせながら、自分に合ったオリゴ糖を見つける事が、良い腸内環境の維持に繋がります。乳酸菌やオリゴ糖の働きは、健全な生活習慣があってのものです。過信しすぎる事なく、多角的に健康を考える事が大切です。